八ヶ岳 阿弥陀岳北稜(1/1、2)

   阿弥陀岳山頂
阿弥陀岳山頂、左から西村、山口
 期  日;2010年12月31日〜2011年1月2日
 場  所;八ヶ岳連峰・阿弥陀岳(2805m)北稜
 メンバー;L.西村文貴、山口修 2名(敬称略)

 コースタイム
  12月31日 7:30横須賀−11:00美濃戸口〜15:00幕営地
   1月 1日 7:00幕営地〜7:55行者小屋〜8:10北稜取付〜10:45阿弥陀岳頂上〜12:00行者小屋〜12:30幕営地
   1月 2日 7:30幕営地〜9:30美濃戸口−17:00横須賀  
    テント  
行者小屋手前30分のところにテントを張る   
     
北稜樹林帯からの阿弥陀岳
     
北稜の岩場

記録

 本来は西穂高西尾根の冬山合宿の計画であったが、日本海側の 悪天候予想の為、山域を八ヶ岳に変更、ルートは阿弥陀岳北稜と 赤岳主稜の2本を予定したが、西村の体調が思わしくなく、阿弥陀岳 北稜1本となった。

 31日は横須賀を7:30に出発、心配していた渋滞に巻き込まれる事 も無く、午前中のうちに美濃戸口に着いた。
途中白銀の南アルプスを車窓に垣間見、明日からの登山計画に想いを馳せる。
 行者小屋へ向けて柳川南沢のルートを落ち着いたペースで歩く。
テントは正月の混雑を避けて行者小屋手前30分程の所に張った。
 元旦、いよいよ阿弥陀岳北稜を登る。
北稜の取り付きは行者小屋を過ぎて15分くらいの所、文三郎道の標識のある場所だ。
暫く樹林帯の中を歩くが、やがて林はまばらとなり、雪稜を伴った岩が見える。
さらに急な雪壁を詰めて岩場に突き当たる、ここでアンザイレン。
 1ピッチ(以下「P」と略す)目、最初の岩場を凹角から越える。
ホールドは豊富だが、いくらかかぶっている。
 続く2P目は岩のフェースを登る。これも手がかりは多い。
 3P目は両側の切れたスノーリッジを渡る。ここは高度感が満点だ。
取り付きより2時間30分で頂上に着いた。

明日は赤岳主稜だ。
 夕方、西村が頭痛を訴え、痛みは翌朝まで続いた。その為、赤岳主稜は 断念、帰宅することになった。


                       西村文貴   記



〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoahitaka Yamato --