2010年春山合宿 北鎌尾根登攀(5/1〜5)

   槍ケ岳
独標から槍ケ岳を望む、左から山口、西村、金井
 期  日;2010年5月1日(土)〜5日(水)
 場  所;槍ケ岳(3180m)北鎌尾根
 メンバー;L.金井良一、山口修、西村文貴、永野嗣宜 4名(敬称略)

 コースタイム
  5月2日; 上高地5:30〜徳沢園7:25〜横尾8:45〜水俣乗越分岐13:00〜水俣乗越16:00〜北鎌沢17:40幕営(泊)
  5月3日; 北鎌沢5:35〜北鎌コル8:30〜独標12:35〜北鎌平手前15:50幕営(泊)
  5月4日; 北鎌平手前6:25〜取付8:00〜槍ヶ岳9:15〜槍ヶ岳山荘10:25〜横尾15:40〜徳沢園17:35幕営(泊)
  5月5日; 徳沢園3:00〜上高地4:50〜沢渡6:00〜松本〜(中央高速)〜八王子〜逗子10:20
    ルート図
   北鎌尾根登攀ルート図

記録  金井良一 記

5月1日(晴) 逗子駅〜八王子〜(中央高速)〜松本〜沢渡
  午前中仕事のため午後出発となる。山口さんの自家用車でPM3:45京急逗子駅出発
  最高の山行になることを願い穂高へと向かった。
  PM10:18沢渡の駐車場にテントを張り明日からの山行にビールで乾杯。
  今日はゆっくり寝れるので最高だ。
5月2日(晴)  沢渡〜上高地〜徳沢園〜横尾〜ババ平〜水俣乗越〜北鎌沢
  沢渡からタクシー(4000円)で上高地まで行き、身支度して今日の目的地、北鎌沢目指して出発、
  河童橋〜横尾のあいだは眺めもよく、いろいろな山の話をしながらアプローチを楽しんだ。
  ほとんどの登山者は横尾から涸沢へと向かい、槍ヶ岳方面に行く登山者はあまり居ない、
  川の音・鳥の声・風を感じながら静かな山歩きを楽しむことが出来た。
  槍沢ロッジ辺りから気温が上昇し始めて暑い、やっと水俣乗越分岐にたどり着いたときには もうバテバテあまりにも暑すぎるために体力が消耗している、
 北鎌沢までたどり着けるのかなと少し不安だが気合をいれて歩くが、水俣乗越まで急登のためなかなか前に進まない、やっとコルに着いた。
  目の前に北鎌尾根が見え明日あの稜線を行くのかと思うと感激した。。
  あとは北鎌沢に向かってひたすら下るのだが、バテバテでなかなか進まず休み休み下って北鎌沢に到着、
  もう歩かなくていいと思うとホットした。
    河童橋にて
5/2 5:40 河童橋にて 左から永野、山口、西村、金井
    横尾大橋
5/2 8:50 登山者で賑う横尾大橋
    大曲分岐
5/2 13:00 槍沢 大曲分岐にて
    水俣乗越へのルート
5/2 13:50 水俣乗越へのルート
    水俣乗越への登り
5/2 14:20 水俣乗越への登り
    水俣乗越の上部
5/2 15:50 水俣乗越の上部から槍ケ岳
    天上沢から水俣乗越
5/2 17:00 天上沢から水俣乗越を振り返る
    北鎌沢出合から槍ケ岳
5/2 17:30 北鎌沢出合から槍ケ岳

5月3(晴) 北鎌沢〜北鎌コル〜独標〜北鎌平
  昨日の疲れが少し残っているが、今日の目的地(槍ヶ岳)目指して皆元気に出発
  北鎌沢右俣からコルを目指す。北鎌沢は急な上りで途中デブリが出ている(新雪のときは要注意)長い急な登りも終わり、 コルに着き振り返ると、よく登ってきたと感心する。
  コルから独標までナイフエッジが続き独標の登りは稜線どうしに登ることにした。
  最初は垂直に近い8mのルンゼをピッケルとアイゼンを効かせて登り稜線に出る、そこから独標ピーク目指して痩尾根を登る。
  ピークに着くと槍ヶ岳が見える、すばらしい眺めだ。 (ここから見る槍ヶ岳はマッターホルンに似ている)ピークから少し下り岩壁をトラバースするが(6m)非常に悪い、 皆運よく落ちずに済んでホットするザイルが欲しいところだ。(普通はその下を巻いているようだった)
  独標を過ぎた辺りから西風がだんだん強く吹いてきた。
  いくつかのピークを越え北鎌平近くになるころには強風になり時間もいい時間になったので 北鎌平で幕営することにしたがまともに風があたるため、少し手前のコルに設営することにした。
 皆で整地をして強風の中、天幕を飛ばされないように設営した。
 今日は槍ヶ岳まで行く予定だったが、時間切れのため断念。
    北鎌沢
5/3 6:00 北鎌沢を登る
    北鎌沢
5/3 6:30 北鎌沢の休憩
    赤岩岳・西岳
5/3 7:40 北鎌沢上部から赤岩岳・西岳方面を望む
    北鎌コル
5/3 8:40 北鎌コルにて(背景は大天井岳方面)
    P7と北鎌コル
5/3 8:40 北鎌尾根P7と北鎌コル
    P5・P6・P7
5/3 9:50 下方に左からP5、P6、P7を望む
    独標
5/3 11:30 独標(2899m)基部から 
    独標上部
5/3 12:29 独標上部を登る永野(前)山口(後)
    独標より槍ケ岳
5/3 12:32 独標頂上より槍ケ岳
    槍ケ岳
5/3 14:30 槍ケ岳 北鎌平
    北鎌平手前
5/3 15:15 北鎌平手前を登る
    独標
5/3 15:15 振り返ると独標が尾根の端に
    北鎌平のテント
北鎌平手前コルのテント場(5/4 6:00 出発時撮影)

5月4日(曇/晴) 北鎌平〜槍ヶ岳〜ババ平〜横尾〜徳沢園
  強風は一晩中やむことなくあいかわらず強く吹いている。あまり良く眠れなかった。
  外はガスがかかり目の前の槍ヶ岳は見えない。
  6:25出発、取付きに4パーティ居るため、北鎌平でツエルトをかぶって待機。
  しばらくして取り付き点に向かいザイルを出し、西村トップで登ると、ガスは切れ風は止み青空になった。
  最後のフィナーレにふさわしい最高の登攀だ。
  槍ヶ岳の登攀は急な雪壁で雪が良く締っていたので楽しく登攀することが出来た。 (雪の状態により難しいくなる)
  4ピッチで槍ヶ岳の頂に立ち360度の展望を満喫する。
  槍沢を下り、上高地まで行く予定だったが、ヘロヘロのため徳沢園で幕営することにした。

5月5日(晴) 徳沢園〜上高地〜沢渡〜松本〜(中央高速)〜八王子〜逗子
  今日の午後、二人(金井・山口)用事があるため3:00出発。
  西村と永野には、疲れているところ、本当に申し訳なく思った。
  上高地5:30タクシーに乗り、無事に帰宅した。
  
    槍ケ岳
5/4 6:40 槍ケ岳
    1P目
5/4 8:00 槍ケ岳取り付きより1ピッチ目
    槍ケ岳登攀
5/4 8:30 槍ケ岳登攀2ピッチ目
    独標
5/4 8:40 眼下に独標が見る
    4P目
5/4 9:05 頂上直下4ピッチ目の登攀(西村)
    4P目
5/4 9:30 4ピッチ目の登攀(永野)
    槍ケ岳頂上直下
5/4 9:45 4ピッチ目の登攀(山口)
    槍ケ岳頂上
5/4 9:55 槍ケ岳頂上(左から永野、山口、金井)
    槍ケ岳山荘
5/4 10:35 槍ケ岳山荘
    槍の穂
5/4 10:50 槍ケ岳山荘の前で

〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoahitaka Yamato --