八ヶ岳 赤岳南峰リッジ(1/16、17)

   赤岳南峰頂上
赤岳南峰頂上、左から西村、山口、左の山は阿弥陀岳
 期  日;2010年1月16日(土)、17日(日)
 場  所;八ヶ岳連峰・赤岳(2899m)南峰リッジ
 メンバー;L.金井良一、山口修、西村文貴 3名(敬称略)

 コースタイム
  1月16日;美濃戸口 10:30−15:40行者小屋(幕営)
  1月17日;行者小屋BC 7:05−主稜取付点 8:10−南峰頂上 11:15−行者小屋BC 13:30 −17:00美濃戸口

    ルート図
   赤岳西壁登攀ルート図
    美濃戸口
1. 美濃戸口に車を置いて出発

記録

 久振りに八ヶ岳の岩稜をトレースする、目指すは赤岳主稜(途中より南峰リッジに変更)である。
 1月15日夜22:00頃、山口車で逗子を出発、16日の早朝2:00頃登山口の美濃戸口に着く、雪が舞っていた。
 車の側にテントを張り寝る。

1月16日(晴)
 美濃戸口からベースとなる行者小屋まで約3時間の行程なので出発は10:30とゆっくりだ、行者小屋に着いたのが15:40、 西村の体調が思わしくなく時間がかかってしまった。
 行者小屋の側にテントを張る、夕食は大盛りのキムチ鍋。
 前夜に20cm程の降雪を見たが、トレースがあり明日の登攀に影響はなさそうだ。

1月17日(快晴)
 7:05テントを出発、8:10に主稜取り付き点到着。もう既に何パーティも主稜に取り付いている。
 我々は混雑を避けようと、手前のルンゼから追い越して主稜に取り付く積もりがルンゼの奥壁は登攀不能で 行けず、これを大きく右に巻き、2ピッチで南峰リッジ取り付きに出る。
 今更引き返す余裕も無く、これにルートを変更した。
 南峰リッジはわずか数ピッチのルートだが、リッジからルンゼ、またリッジと変化に富んでおり楽しめた。
 主稜のクライマーを隣に見ながら11:55南峰頂上。
 文三郎尾根を下り、13:30帰幕。
 汁粉を食べながら一息ついて、下山を開始する。美濃戸口に17:00着く。


                       西村文貴   記


    柳川南沢
2. 柳川南沢を行者小屋に向かう
    赤岳西壁
3. 行者小屋付近からの赤岳西壁
    大同心と小同心
4. 夕日に焼ける大同心(左)と小同心(右)
    主稜取り付き点
5. 主稜取り付き点
    南峰リッジ左稜
6. 南峰リッジ左稜 下部
    南峰リッジ左稜
7. 南峰リッジ左稜 中間部
    南峰リッジ左稜
8. 南峰リッジ左稜 上部
    南峰頂上
9. 南峰頂上

〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoahitaka Yamato --