魚野川・荒沢本谷遡行(9/26N〜27)

 期  日;2008年9月26日(金)夜〜9月27日(土)

 場  所;上越・魚野川・荒沢本谷遡行

 メンバー;L.金井良一、宮沢正男、(敬称略)

 コースタイム
  9月27日;土樽駅駐車場6:00---荒沢出合6:45---中の大滝9:30--- 奥の大滝10:20---12:30尾根13:00---
           荒沢山14:35---尾根下降---道路17:00---17:25土樽駅駐車場

 記  録 (宮沢 正男 記)
 26日の夜、車で横須賀を発ち4時間ほどで土樽駅に着き、寝るが電車の音でよく眠れなかった。
 足拍子岳、荒沢山周辺の沢に入るのは初めてである。

 朝、雨が降っていたが(予報は曇り)どちらからも止めようと言う言葉が出てこないうちに合羽を着て出発した。
 昨日からの雨で勢い良く水が流れ落ちている。そして寒い、気温は10度である。
 小さな滝のへつりで宮沢が釜にポチャ、寒い・・・金井君がトップで水に打たれながら苦労して登る、 しばらく行った小滝で宮沢は足がすべりまたまた釜にポチャ。
 「前の大滝」を宮沢がトップで登る、ランニングが無いので一つハーケンを打つ、「中の大滝」、「奥の大滝」を巻きブッシュを 2時間も漕ぎやっと尾根に出る、上下合羽を着ているのに汗かかず。
 荒沢出合への踏み跡が無いので荒沢山に向かい(今年3月に登っている)南カドミナ尾根を下降するも道不明瞭、 何度も間違えながら漸く降りられた、大変疲れた。

 入渓者が少なく静かで良いが、素晴しい滑の大滝が三つもあるにもかかわらず一つしか登る滝が無いのが寂しい。
 言うまでも無いが翌日は筋肉痛で、2〜3日縦走したような体の状態であった。

 金井君、お疲れ様でした。
前の大滝

前の大滝 と宮沢
奥の大滝

金井と奥の大滝(後方の滝)
概念図
    
荒沢山
                    藪漕ぎ2時間やっと尾根に出る

〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoahitaka Yamato --