谷川岳  一ノ倉沢中央稜(5/23N〜24)
                                        
期 日:2008年5月23日(金)夜〜24日
場 所:谷川岳  一ノ倉沢中央稜 登攀
メンバー:L 金井良一、宮沢正男 2名(敬称略)
コースタイム:
    23日 横須賀20:30〜谷川岳登山指導センター0:30(仮眠)
    24日 登山指導センター4:10〜一の倉沢駐車場4:20〜5:20中央稜取付(登攀スタート5:45)〜
        中央稜登攀終了8:50 〜烏帽子岩下降点11:00〜六ルンゼ下降〜南稜テラス12:50〜
         一の倉沢駐車場13:50


記 録
 早朝、一の倉沢出合出発。
 久々に一の倉岩壁群を見上げ胸が高鳴っているのがわかる。今日はどんな登攀になるのだろうかと思いながらテールリッジを登り、中央稜基部に着きアンザレインして取付く。

 1ピッチ目:始めは傾斜も緩く、ホールドも豊富にあり楽に登れる。テラスへ出る5mほど手前で岩は逆層に変わり細かくなるが快適に登れる。 (最初のピッチはこのぐらいから始まったほうが精神的に楽である)

 2ピッチ目:浮石があるルンゼを奥壁側へ回り込み、さらに急なルンゼを登る。頭がつっかえるぐらいになったところで右壁へと移り、リッジを少し登りテラスに着く。

 3ピッチ目:テラスから右に回りこみフェースを登る。逆層で細かく慎重に登り、最後傾斜が強い凹角をA0で乗越してテラスに着く。

 4〜9ピッチ目:ブッシュ混じりのフェース・リッジを登る。ホールドは数多く悪いところはない。浮石に注意して登ると烏帽子尾根に出て登攀終了。

 下降は北稜を予定していたがコップスラブに雪が残っていたため予定を変更して烏帽子尾根を下降点まで登り(所々悪い)六ルンゼを下降し、南稜テラスからテールリッジを下った。

                                                   金井 良一 記  

〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoshitaka Yamato --