創立60周年記念山行阿能川岳・マナイタグラ山稜縦走(4/26、27)
   阿能川岳よりマナイタグラ山稜
阿能川岳よりマナイタグラ山稜、谷川岳を望む
 期  日;2008年4月26日(土)・27日(日)
 場  所;上越谷川連峰、阿能川岳(1611m)・マナイタグラ山稜 縦走
 メンバー;L.金井良一、宮沢正男、西村文貴、永野嗣宜 4名(敬称略)

 コースタイム
  4月26日;水上駅 6:50=(タクシー)=仏岩林道(P)7:30− ヨシガ沢山(1117m)8:25−
          三岩山(1568m)12:15− 阿能川岳(1611m)12:45− 阿能川岳15:30(幕営)
  4月27日;阿能川岳5:10− 小出俣山(1749m)7:00− 本谷ノ頭(1696m)9:00−  川棚ノ頭(1846m)10:00−
        オジカ避難小屋13:20− 肩の小屋15:30− 熊穴沢避難小屋16:30− 谷川ロープウエイ駅18:20−
        土合駅19:40
    阿能川岳
4/26 ガスの中の阿能川岳で 左から金井、宮沢、永野

記録
4月26日 雨のち雪
 仏岩林道駐車場から三岩山まで樹林の中を歩く、三岩山から雪渓が続き展望も開けてくる、 しかし、今日は天気が悪く何も見えない。
 阿能川岳に着き小出俣山へのルートを探しながら前進したが迷う。
  阿能川岳に戻り再度確認するがガスっていて分らないので行動を中止し幕営した。
    阿能川岳の朝
4/27 午前5時10分 阿能川岳で日の出をバックに
永野、金井、宮沢

4月27日 晴のち曇り時々雨
 今日は晴天、昨日は何も見えなかった稜線が目の前に良く見え昨日とは全然違う、今日は迷うことは無い。
 雪渓は小出俣山まで続き、マナイタグラ尾根には何も無く低いブッシュの中を歩く、アイゼンがブッシュに良く 効くが歩きずらい。
 午後から天気が急変し、ガスって何も見えなく迷わない様に進む、やっとの思いで オジカ避難小屋に着きホットする。
 肩の小屋から天神尾根を下りロープウエイに乗る積りだったが、最終便に間に合わず残念!!。
 スキー場の林間コースを下りてやっと土合駅にたどり着いた。

         金井良一   記

    小出俣山
小出俣山を目指して稜線を行く
    小出俣山
小出俣山 山頂近くの急な雪渓
    熊の足跡
熊の足跡
    阿能川岳
小出俣山から振り返る阿能川岳
    小出俣山より
小出俣山よりマナイタグラ山稜を望む(画面にカーソルが触れると山名が出ます)
    川棚ノ頭から
川棚ノ頭から歩いて来た縦走路を振り返る
    川棚ノ頭
左から一の倉岳、マナイタグラ、川棚ノ頭
    マナイタグラ山稜
昨日の雪がうっすらと積もるマナイタグラ山稜

〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoshitaka Yamato --