根子岳スノートレッキング(2/14、15)
                                            (OB山行)
   根子岳を目指して
 期  日;2008年2月14日(木)〜2月15日(金)
 場  所;長野県菅平高原 根子岳(2207m)
 メンバー;L.鳥切昇治、原 和雄、小林 茂、大和義孝、田辺浩二、加藤平二  6名(敬称略)

 コースタイム
  2月14日;横浜市栄区鳥切宅5:30=横浜環状2号=第三京浜=環八=関越道=上信越道・上田・菅平IC
  =9:40菅平・サングリーン(宿)10:45=11:00奥ダボススキー場駐車(レストハウスで昼食)11:45―
  奥ダボス第一トリプルリフト終点12:10 ―(スノーシュー・スキーシール登行練習)―13:10根子岳避難小屋13:20
  ―14:30奥ダボス第一トリプルリフト乗場―駐車場15:00 = 15:15サングリーン(宿)

  2月15日; サングリーン8:10=8:25奥ダボス駐車場8:40―8:46奥ダボス第一トリプルリフト終点8:55
  ―10:00避難小屋10:10―12:20小根子岳と根子岳の分岐点《小林、鳥切ここで待つ》12:25
  ―13:00根子岳頂上13:07 ―13:25分岐点13:35《鳥切:分岐点13:30―13:47根子岳頂上13:58―
  14:05五人と合流》(昼食)―14:30避難小屋 ―15:10奥ダボス第一トリプルリフト終点―
  15:30奥ダボス駐車場15:45=16:00サングリーン17:15=上田・菅平IC=横川SA(夕食)=関越道=
  三芳SAで休憩=環八=第三京浜 =横浜新道=環状2号=22:00鳥切宅
    集合写真
2月14日   鳥切、原、田辺、小林、加藤の面々
    高原を行く1
2月14日  雪の降るリフト終点駅前の高原を行く
    高原を行く2
2月14日 スキー・スノーシューの練習、後方は大松山ゲレンデ
    避難小屋
2月15日 避難小屋 入口が雪で覆われ中に入れない
    避難小屋前の標識
避難小屋の傍にある標識
    標識
小根子岳と根子岳の分岐点にある標識
    原、田辺
分岐点の上部を根子岳に向かう原、田辺
    頂上直下
頂上直下の樹林帯を行く原、加藤
    根子岳頂上
根子岳頂上 標識、祠と鐘が有る。
    大和、原、田辺
頂上にて記念写真 大和、原、田辺
    田辺
下ってくる田辺 青空が覗く


行動記録
2月14日(木) 天候 菅平:小雪
アプローチ・スノーシュー―スキーシール登行練習
 横須賀組の3人、田辺、大和の5名が鳥切宅に集合。大和車、鳥切車2台に分乗して出発。
横浜環状2号線から第三京浜、環八を通って、関越道に入る。車は多かったが渋滞も無く順調だった。
三好SAで朝食。
上信越道に入り、車も少なくなる。妙義山を眺めながら、横川SAで休憩。
天気も良く、路面も乾いている。
上田・菅平ICで下り、菅平へ向う。
菅平方面へ入る信号の所から雪道となる。
菅平は雪。
大松山ゲレンデ方面にある宿のサングリーンに到着。
ICから40分ほどだ。
ここまで自宅から丁度250kmだった。

サングリーンの部屋で支度をし、明日のスノーシュートレックの練習に車で奥ダボススキー場へ行く。
根子岳は見えない。
レストハウスで早めの昼食。
奥ダボス第一トリプルリフト終点でスノーシューを着ける。
大和、鳥切はスキーのシールを着け、一緒に歩く。
根子岳避難小屋まで行ってみることにする。
寒いが雪質も良く、 トレースがあって1時間程で避難小屋に着いた。
標識がしっかりしていて、高い通信アンテナが目印になる。
避難小屋は、 入口のシャターが半分雪で埋り、中に入れない。
使えるようにしておいて欲しいものだ。
写真を撮って引返す。

スノーシュー組は、リフトの下り線が利用出来ないため、ゲレンデ端を駐車場まで歩く。
宿に帰着後、大和、鳥切、田辺は、大松ゲレンデで夕方までスキーを楽しむ。
宿は、温泉で良いのだが、大学生の団体がいて、 風呂は混むし、夜は打ち上げとかで騒がしかった。
それでも最近の若者としては礼儀正しかった。


2月15日(金) 天候 菅平:曇・小雪時々晴間
根子岳登山―帰路
6:30起床、7:00朝食。
朝起きて外を見ると曇りで小雪がチラついている。
昨夜も積雪が10cmほどあった。
根子岳は、雲がかかっていて見えない。
視界が良いので行ける所まで登ろうと決め、 奥ダボス第一トリプルリフトの運転時刻に合わせて宿を出発する。

駐車場に車を入れ、支度をしてリフト乗場に行くが、整備が遅れていてしばらく待つ。
スノーシューを着けて待っていたら、 リフトに乗る時は外してくれと言われる。
リフト終点でスノーシューとスキーのシールを着け出発する。
根子岳は、雲がかかっていて見えないが、視界は良い。
昨夜の積雪と風で昨日のトレースが消えている。
スキー組が先頭でラッセルしながら進む。
雪が軽いので余り苦にならない。
平ちゃんだけが、重さで沈む様でボヤいている。
避難小屋までは昨日と同じペースで到着。
時々、日が射して雪がキラキラ光る。

気温はマイナス2℃。視界も良いので頂上へ向うことにする。
避難小屋から次第に傾斜が増す。
小林さんの体調が思わしくなく、辛そうである。
小根子岳と根子岳の分岐点で頂上を諦め、鳥切と一緒に待つことにする。
ここは風通しが良く座っていても寒さを感じる。
小林さんは、手が冷たいと言うので手袋を重ね、 ツエルトを被るが、風で上手く被れない。
テルモスの湯で温かいものを飲み、食事をしながら4人を待つ。
1時間ほどして4人が元気に戻ってきた。

下山してもらい、鳥切のみで頂上へ向う。
休憩地から少し登ると平らになり、樹氷が育っていて風も無い。
ここで休めば良かったと、残念に思う。
ここから、ほんの5mほどの吹き溜りの雪壁があり、右に大きく迂回する。
根子岳山頂は、なだらかな所に祠がある。
眺望の良い所だそうだが、雲に覆われて全く見えない。

写真を撮り、シールを外して下山にかかる。
迂回した雪壁の所も難なく下降。
軽い雪なのでご機嫌で滑り、アッという間に避難小屋上部で5人に追い着く。
時々晴れ間が覗く天候で、樹氷の景色を見ながら、のんびり下る。

牧場近くまで下りてきてから、スノーシュー組と別れ、先に下る。
余った回数券を使いゲレンデで滑り、スノーシュー組を待つ。
駐車場に全員が戻り、握手を交す。メンバーの平均年令は71才、みんなよく頑張りました。
宿の女将さんが予定時間を過ぎていたので心配して2度も電話をくれた。
宿まで戻り、温泉に入って着替え、 荷物をまとめる。
大和車の鍵を、車内に置いたまま閉てしまいJAFを呼び開錠して貰うハプニングも。
帰路、疲れもあるので、休憩を入れながら安全運転で帰ってきた。

厳冬の根子岳に登れた充実感は、味わえたのではないかと思う。
残念なのは小林さんでしたでしょうが、 これを糧にして次回にチャレンジしましょう。
私の失敗は、山でお汁粉を食べてもらおうと、一式持って行ったのですが、お湯がもう少しのところで沸くというのにガス切れで沸かず、 食べてもらうことが出来なかった事でした。
申訳ありませんでした。

(大丈夫だろうと使い残しのボンベを持って行ったのが失敗でした。
帰って来てボンベを調べたらまだガスが残っていた。
雪の中で焚いたので、寒さで気化が悪かった様だ。気を付けねばならない注意点だ。)

               鳥切 記






















    加藤、原、田辺
頂上で記念写真 加藤、原、田辺 ガスで眺望悪し
    鳥切
頂上からスキーで降りてきた鳥切
鳥さんのシュプール

避難小屋の下部を快適に滑る鳥切(鳥さん)前方にリフト終点駅が見える
 

〒238-0012
横須賀市安浦町2-33-1 1817 石川 誠
Tel : 046-825-2350
yac-info@yac1949.jp
Copyright (c) 2006 by Yokosuka Alpine Club
-- Producer by Yoshitaka Yamato --